平成30年度 教育目標

  校訓 『どこに出しても恥ずかしくない人間になれ』
『国家社会の役に立つ人間になれ』
  教育目標  将来の国家及び地域社会の有為な形成者として、伝統の継承と郷土愛をはぐくみ、国際的な視野を持った人間を育成する。
  指導方針  一人一人の生徒を見つめ、ゆさぶり、励ましを与え、たくましく生きる力をはぐくむ教育の推進。
 ・豊かな心情を持った節度ある人づくりの推進

 ・自ら学ぶ態度を身に付けさせる教育の推進

 ・健康で明朗な心身の育成を図る教育の推進
 ・チャレンジ精神を育む教育の推進

  重点努力目標     地域を誇り、地域を愛し、地域を興せ

 ─ 認め合い、称え合い、支え合い、育て合う心の育成 ─

  〇けじめと活気のある学校     〇確かな力をつける学校  
  〇地域の活性化に貢献できる学校  〇安全・安心な学校

 ─ 生徒のため、地域のため、未来のために ─ 

  実践項目 〇けじめと活気のある学校
 ・元気でさわやかな挨拶と返事

 ・端正な身だしなみ
 ・けじめのある生活態度
 ・部活動への積極的な参加
〇確かな力をつける学校 
 ・日々の授業を大切にした学力の向上
 ・学校行事、冨士会活動への積極的な参加
 ・進路意識を高め、目的意識を育む取組
 ・将来を見据えた資格等の取得
〇地域の活性化に貢献できる学校
 ・学校の諸活動の積極的な情報発信
 ・地域における交流・貢献活動への積極的な参加
 ・地域の歴史・文化の理解と継承
〇安全・安心な学校
 ・交通安全・事故防止の徹底
 ・高い人権意識と豊かな人間性を育む取組
 ・清掃・奉仕活動への積極的な取組