園芸バイテク部

園芸バイテク部の取り組み

【エビネの栽培・育種・遺伝子研究】

 園芸バイテク部では、約30年にわたり「エビネ」の研究に取り組んでいます。
エビネは、日本に自生するラン科植物で大洲地域は、原種や自然交配種が多数存在
し、地域の魅力ある特産物となっています。
  園芸バイテク部では、地元の愛好家団体である「大洲エビネ会」
と共同で、エビネの栽培方法や育種(人工交配による新しい品種の
作出)、遺伝子の研究に取り組んでいます。

 毎年、4月(4週目の土日)には大洲市民会館で開かれる「大洲エ
ビネ展」に出品しておりますので、是非ともご来場ください。

 

 

 

    令和3年度 大洲農業高等学校 園芸バイテク部 活動計画

 通年:毎日活動(15:50~17:00)

月 日 行 事 名 場  所 備  考
 4月24日(土)  大洲エビネ展  大洲市民会館  新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
 4月25日(日)  大洲エビネ展  大洲市民会館  新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
 6月13日(日)  ウチョウラン展  大洲農業高校  新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
10月23日(土)

 第14回「えひめ教育の日」推進大会
  並びに推進フェスティバル

 内子町共生館  
 2月  シンビジウム展  大洲農業高校  新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止