2021年5月の記事一覧

バイテク班「シトラスリボン運動で高大連携」

5月28日(金) 昨年度よりバイテク班が取り組んでいる「シトラスリボン運動」の活動の輪を広げようと、松山東雲大学の「しのモン応援隊」(松山東雲女子大・短大の被災地支援ボランティア団体)の学生さんや担当教授の方々、松山東雲高校の先生とZOOMを活用して、リモート会議を行いました。シトラスリボン運動の主催者から、活動の意義や目的、活動の成果などを教えてもらうことができ、改めて活動への意欲が高まりました。今後の活動の展開をご期待ください。

陸上部頑張っています!

5月28日(金) 陸上部の放課後練習風景です。多くの3年生が引退し、少しさみしい思いもしましたが、4月から入部した1年生は、先輩から基礎練習を教えてもらっています。ハンマー投げは回転から、やり投げはフォームから、短距離走はスターティングブロックの設置から、丁寧に覚えて動きを確認しています。6月の県大会で自己ベストを目指している先輩たちはとても頼もしく見えます!

麹菌の検鏡

5月28日(金) 食品デザイン科2年生が「微生物利用」の実験で、麹菌の生態を顕微鏡で観察しました。先週、市販の米麹を培養したジャイアントコロニーから菌を取り、スライドガラスの上に置いた培地に接種しました。1週間培養したものを顕微鏡でのぞくと、菌糸がのびていて先端に胞子がたくさん見えました。染色すると青空に映える花畑のようにも見えて、写真撮影に夢中になりました。

落花生のたねまき

5月27日(木) 食品デザイン科1年生が「農業と環境」の授業で、落花生のたねまきを行いました。今年はオオマサリと言う大粒が特徴の品種を選びました。ぷっくりとしたたねを殻から取り出し、ポットに播きました。自分の名札を立てると、今から収穫が楽しみになりました。

華道部

5月27日(木) 華道部の活動の様子です。今日の花材は色とりどりの「アジサイ」と、愛媛県オリジナル品種の「さくらひめ」でした。講師の先生に教えていただきながら、素敵な作品に仕上げることができました。