カテゴリ:食品デザイン科

オリ・パラ台湾柔道選手との交流を行いました

11月1日(金) 2020東京大会に向けて愛媛県で合宿を行っている台湾の柔道選手との交流会を実施しました。一緒にそば打ちを行ったり、おにぎりを作ったりして会食をし、交流を深めました。この日のメニューは、手打ちそば、おむすび2種、芋炊き、デザートにそば茶ブリンでした。初めは緊張していた生徒達と選手団でしたが、交流が進むにつれ身振り手振りでの会話もでき楽しい時間を過ごすことができました。台湾選手団の皆さん応援しています。頑張ってください!!

この交流会は「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」の一環で行ったものです。こうした活動の様子がHP上で紹介され、おもてなし料理のコンテストとして投票が(12月中旬~投票開始)が行われます。

食品デザイン科1年生企業見学研修

10月31日(木) 食品デザイン科1年生企業見学研修が行われ、今治にある食品会社の食文化博物館コースの見学をしました。世界の食文化の知識や食品加工業の歴史、そしてハム・ソーセージ等の加工現場を見ることができました。食品加工についての学びを深めることができました。

農業祭に向けて大農ビスケット製造中!!

10月25日(金) 11月10日(日)に行われる農業祭に向けて食品デザイン科生徒がビスケットの製造に取り組んでいます。食品デザイン科では2年生のコースに分かれてから、ビスケットの製造実習を行います。生地の型抜き、焼き、包装の工程に分かれて流れ作業で製造を行います。多い日は4時間連続で製造実習に取り組むこともあります。是非、農業祭にお越しください。加工品販売所で販売をしています

GAP食材を使ったおもてなしコンテストに応募!

10月23日(水) 2020東京オリンピックに向けて、本校でGAPを取得しているお米「にこまる」を使ったおもてなし料理のメニュー開発を行っています。来月1日には合宿で来県する台湾のオリンピック・パラリンピック選手団にコンテストに応募するおもてなし料理を提供します。今日は、講師に野菜ソムリエの西山美樹先生を迎えて愛媛の伝統料理「芋炊き」の作り方を学びました。にこまるで作ったおにぎりと一緒に提供したいと思っています。味付けやおいしく見える盛り付け方、料理の出し方などプロのソムリエから学びました。

2年生学科別研修会(食品デザイン科)

10月18日(金) 2年生食品デザイン科は、コース別に研修会に行きました。生活デザインコースは、午前中愛媛調理製菓専門学校で介護食実習を、午後からは老人保健施設伊予ヶ丘で入所者の方々と音楽療法やレクリエーションを体験しました。大変有意義な研修会となりました。